.

現実にノートPCのディスプレイの前で、リアルタイムで上がったり下がったりしているレートを見てしまうとすぐに売買をするという欲求が生まれる方も少なくありません。善悪の屑 ネタバレ 3巻

でも、漠然とした衝動で売り買いをすることだけは絶対に避けてほしい。LINE 掲示板

確かに、外国為替相場は終日どこかの国の市場はオープンしているし市場も常時変化しています。ミドリムシナチュラルリッチ

しかし、立て続けに注文を繰り返しているとその回数だけマイナスになる可能性が上がってしまいます。声優 大学

当たり前ですが、取引の数を積み重ねる事でじょじょに勝ち負けの可能性が50%、50%に近づくのは事実です。池袋のアリシアクリニックと同じビルに

しかしこれは「なんだか分からない感覚で取引」することとは話が異なります。

エントリー回数を積み重ねるというのは、自分で「ここで勝負」と直感した自信を得たところでの売り買いの回数を積み重ねるという事です。

何となく、のべつ幕なしトレードを積み重ねるのとは違います。

外国為替市場の勝負に敗北しないためには、自分が主体的に緩急をつけることこそが必要です。

「ここは!」と思えた外国為替相場の時には、持っているポジションを買い増して、覚悟を決めて儲けを狙います。

「何となく頭をかかえる外国為替相場でどう推移するのか読めないな」と感じたならば観念してポジションを全部見切りをつけて何もせず静観します。

これくらいのメリハリをつける方が、結果的には売買はうまくいきます。

外国為替市場の格言には「休むも相場」というものがある。

実にその通り。

FXとは、いつもポジションを持つことがすべてではなく、何も持たずに何もしないことも場合によっては相場です。

それならば、どのタイミングで休む必要があるのでしょうか。

第1に言われるのが前述の通り、これから先の外国為替市場がはっきりと理解できない時です。

ここから高くなるのか安くなるのか決める事が出来ない時は間違って判断すると、自分自身の思った台本とは違った方向に外国為替市場が向ってしまい、損失を被ることになる。

だから、こういった場合はポジションを閉じ、そのまま何もぜずに見ているだけがいいでしょう。

ふたつめは、己のコンディションが思わしくない時です。

体の具合とマーケットに関係がない感じる方もいるだろうが。

現実には思いのほか関係あります。

体の調子があまりよくなければ、相場の大切な状況で落ち着いた決断を下すことが難しくなります。

気乗りがしない時は外国為替相場から離れてみるのも大事な事です。