.

車の保険には任意保険あるいは自賠責保険のふたつの種類があります。78-1-50

自賠責保険も任意保険も、もしものアクシデントに遭った場合の補償に関するものですが契約の内容は若干異なるのです。78-14-50

2つの保険を比べると補償の対象となる条件が多少一様とはいえません。78-5-50

※事故の相手については自賠責保険・任意保険で補償できます。78-19-50

※自分自身に関しては、[任意保険]によってのみ補償されます。78-18-50

※自己の財産については、[任意保険]を用いて補償されるよう取り決められています。78-9-50

自賠責保険それのみでは、自らの傷害ないしは車への補償などは享受できません。78-4-50

相手方に対する補償などですが自賠責保険であれば死亡した時は最高額で3,000万円後遺症が残ってしまった場合最大で4,000万と定められているのです。78-6-50

ただし実際の賠償額が上記の値を上回ることは起こり得ます。78-11-50

また加えて事故の相手の所有する車ないしは家屋を毀損した場合においては、事故を起こした者による完全な自己賠償になると定められているのです。78-13-50

そのような負担を防ぐために任意保険というものが大切になるのです。

被害を受けた人に対する援助に重きを置く任意保険というものにも実は、それとは違う役目があります。

※事故の相手方に対しては死亡時や負傷のほか、車・家というような対象物を補償してくれます。

※自分に対しては同乗していた人も込みで死亡時ないしは傷害を補償します。

※自己の所有する財産についてはクルマを賠償してくれるのです。

そういったあらゆる面におけるサポートが抜かりないのが任意保険が持つ長所なのです。

保険の掛金の支払いはどうしても必要となってしまいますが事故に巻き込まれた時の相手のためにも自分自身のためにも乗用車に乗るならぜひとも任意保険に契約しておくべきでしょう。



78-17-50 78-3-50 78-12-50 78-10-50 78-2-50