.

クレジットを店舗等において利用する時に、もれなく経験したことがおありではないかと考えますが、スタッフがわからないためにどの明細を利用者に渡すのかわかっていない時があるかと思います。77-19-50

というのは、カードを使用するとマシン複数の紙というものが印字されるからでして、それらのどのレシートを利用者の方に渡してよいものかどうか迷ってしまうということがあるのです。77-11-50

使用レシートの正体)上記の3枚1組のレシートについてとはいかなるものなのかについての概要は、↓の通りとなります。77-2-50

1お客様へ渡す明細。77-17-50

2店舗で保管するレシート。77-9-50

3カード会社保管用明細レシート(署名を行うレシート)。77-10-50

通常はもちろん客に対して渡すべき使用明細を受領するのだが、時々、店舗で保管する利用明細をカード利用者側へ間違えて渡すようなという場合や、サインした利用明細自体を渡してしまうといった大きなミスすら見受けられるのです。77-4-50

このパターンはバイトの担当者に対してや、さほどカードというものが使われるケースの少ないお店においてカードを利用すると、こういった店員の戸惑いというものが見れるのではないでしょうか。77-18-50

レジ担当者が上記のように使用明細というものを提示してきた際は、冷静に「これは違いますよ」と正してあげてください。77-16-50

77-15-50



77-8-50 77-20-50 77-12-50 77-14-50 77-5-50