.

自賠責保険は正式名称で自動車損害賠償責任保険と言い、通称自賠責保険と言われるものになります。

保険は別名、強制保険とも呼ばれていて、マイカーを車検に出すときには、その車検期間に有効な自賠責保険に加入している必要があります。

つまり全ての自動車が加入する必要がある保険ということです。

それではクルマに自賠責保険がついたまま売りに出した場合はどうなるか考えてみたいと思います。

強制保険は車検のときに更新をすることがあったりしますが、もし自動車損害賠償責任保険に加入した自動車を売却した際は払った金額が返還されるという事例はありません。

というのは、自賠責保険を一旦なくして次の買取相手に移す作業は少し面倒くさいのです。

ですので、強制保険(自賠責保険)の場合は、名義変更をしてクルマとともに譲ることが一般的です。

しかしながら、それと同等の額を買取額に上乗せしてくれるのです。

強制保険(自賠責保険)という保険は自動車税と違い支払った金額を1ヶ月単位で割り算した金額が戻ってくる方法ではなく、買取額に上乗せという手法を使うことが基本ですが、この上乗せが見積表に明記されるようなことは稀です。

ですから、売却時は強制保険(自賠責保険)を考慮した額が買取金額に含まれているかをチェックする必要があります。

あなたが納めた金額がどれくらいかということを把握しておけば、大丈夫と考えます。

それぞれの自賠責保険にかかる金額は加入していた期間で違うため注意しましょう。

クルマの廃車時には保険の名義変更をすることを忘れずに。

もし名義変更をしていなければ保険の提供元からあなた宛てに自賠責保険の満了便りが届いてしまいます。

査定を検討中の車が少しでもお得に売却されることを応援してます。